ABOUT US

松野下グループとは

松野下グループ

グループ代表からのご挨拶

変わりゆく社会、家族を取り巻く問題。
一番身近な相談相手としてお役に立ちたい。

日本の社会は戦後の高度経済成長期を経て、落ち着いた成熟期を迎えています。そして人口構成も2020年には65歳以上の高齢者が約30%になります。
この超高齢社会で心身共に充実した自分らしい生涯を送るためには備えが必要です。肉体的・精神的・経済的な裏付けがあってこその安心です。
私は1981年の開業以来、司法書士として業務を続け、後見業務にも携わってまいりました。この度、この経験をもとに高齢者が抱える様々な不安、困り事の相談先となる専門家集団を結集致しました。
私たちが目指すのはご家族、専門家、パートナー企業各社と力を合わせて高齢者の諸問題を解決する“総合シルバーサービス業”です。
問題の多くは有効な対策をいち早く実行することで未然に防ぐことができ、ご家族間のデリケートな問題も第三者の専門家が介在することで円満な解決に向かうことがあります。
そのために迅速で正確な情報の発信、アドバイス、気軽な相談環境づくりにこれからも努めてまいります。

株式会社 松野下グループホールディングス
代表取締役
グループ代表 松野下 利代

グループ副代表からのご挨拶

グループによる総合力を発揮し、
お客様やパートナー企業様に
貢献できるよう努めてまいります。

2018年10月、私たちは「株式会社松野下グループホールディングス」を設立し、全員が独自の専門分野を持ち、グループ経営体制のもと新たなスタートを切りました。
高齢化や家族形態のさらなる変化が今後予想される中で、グループの総合力を発揮し、財産や事業の承継、生前対策、相続対策、遺産整理、認知症などに伴う資産の凍結を防ぐための家族信託など、お客様の抱える複合的な問題にワンストップでお応えいたします。また、外部の専門家と連携し解決していくことで、多様化する問題にも対応できる体制作りをしています。
“現代社会の問題が深刻化するのを防ぎたい”、それが高齢者問題にいち早く関わってきた専門家としての使命だと考えています。ご本人やご家族の想いを大事にし、生涯を安心して過ごせるよう、一人ひとりの望みを直接お会いして、お話を伺い、確かな解決策で応え、そしてその大切な想いをつないでいくことで、これから先もお客様やパートナー企業様に貢献できるよう努めてまいります。

株式会社 松野下グループホールディングス
取締役
グループ副代表 小川 智美

松野下グループのお約束

ご信頼いただける質の高いサービスを目指して。

■ご依頼者様ファースト
ご依頼者様の意向を重視しながら、考えうる最善・最適な解決策を探ります。

■専任チーム体制
原則として2名以上のスタッフが専任となり、きめ細やかな対応に努めます。

■守秘義務の徹底
個人情報の保護はもとより、職務上知り得た情報の守秘義務を厳守します。

■継続的なフォロー
事案の記録を一定期間保管するなど将来に備えた独自ルールを設けています。

■明確な料金体系
明確な料金体系を設けると共に、充分な説明でご依頼者様の不安解消に努めます。

外部ネットワークとの連携

グループを超えて、問題解決をコーディネート。

高齢者やそのご家族が抱える問題は多様であり、その解決には幅広い知識や情報、高い専門性が求められます。
松野下グループでは、たとえば、司法書士業の範囲を超える専門サービスが必要な場合、あるいはより円滑な問題の解決を図るために、税理士、弁護士、不動産鑑定士などの他士業の他、銀行や信託会社、さらには住宅リフォームや介護分野に至るまで、独自のネットワークを構築。
必要に応じて連携、あるいはご紹介することで、ご依頼者様の負担や不安をできるだけ軽減し、スムーズな問題解決を実現しています。